アンティーク 帯留 赤銅磨地鬼図小柄

古い帯留です。
江戸末期〜明治期
小柄(こづか)の装飾部を帯留に作り替えたものです。

男性の刀装具を転用したこのような帯留は
芸者衆の間で客との契りの証として流行、
その後、明治9年の廃刀令により
庶民にも広まったと言います。

捷疾鬼を想像させる鬼の姿は
どこか憎めない悪戯小僧のような愛嬌があり、
高彫色絵の肉感豊かな表現や
シャープな片切鏨の描線を際立たせる
あっさりと余白を活かした構図等
随所に光る彫金師の感性が見る人の目を楽しませます。

こなれた意匠の面白みと丹念な手仕事、
古色を帯びた奥深い味わいは
長く使うほどに愛着が湧き、
遊び心に溢れた小粋な着こなしを叶えます。


銘は入っておりません。
経年による傷や擦れ、金属変色等が見受けられます。


サイズ:縦約1.8僉_L7.8

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 jl21010
販売価格
78,000円(税込)
購入数