Georges Rouault ジョルジュ・ルオー『十字架のキリスト』

フランス絵画の巨匠
Georges Rouault ジョルジュ・ルオー (1871-1958)
『十字架のキリスト』です。

1965年 木版・エンボス
版上サイン有。

多作家作品集 
Andre Warnod "Les Peintres mes amis"
(出版/Editions d'Art Les Heures Claires)より。

主題は四福音書に基づくキリストの磔刑、
アーチ状に枠どられた安定的な画面構成のなか
独特の輪郭線、重厚なマチエールが
見る人に強い印象を与えます。

ルオーは1910年代から版画に着手、
正確な数は未確定であるものの、銅板画なども合わせると
残した作品は約350点にものぼるといわれています。

深く穏やかな色彩、後方に差す黄金色の陽の光に
苦しみを超越した諦念と
それにより実現された深い充足を感じさせ、
敬虔なカトリック信徒であった画家の
信仰に根ざした深遠なる精神性を見ることができます。


額縁に傷や擦れ、欠けが見られます。


作品サイズ:約28.3僉潴20.2
額サイズ:約44僉潴55.5



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad16002
購入数
売り切れ