アンティーク シューホーン シルバーハンドル 植物装飾

古いシューホーン(靴べら)です。
推定1800年代後期〜1900年代初頭頃
ハンドルはスターリングシルバー、ブレードはスティール素材です。

当時の西欧の富裕層の間では
シューホーンやボタンフックなどの持ち手に
高価な銀を用いることがたいへん流行したと言います。

流麗な曲線を描くハンドルは
植物装飾のエンボスレリーフが重厚かつ優美で
実にロマンティック。
時の経過がもたらした確かな風格が
大切な靴のスマートな着脱には勿論のこと
空間を彩る調度品としても存在感を発揮します。

美しい意匠と古銀の鈍い輝きに、
日常の小道具にまで並々ならぬこだわりを持つ
貴族の誇りと美学を感じさせる一品です。

ハンドルの装飾部に「STERLING」の文字が入っています。


ブレードの接続部に少々のぐらつきがあります。
経年による傷や擦れ、金属劣化が多く見受けられます。


サイズ:全長約21cm 幅約3.5cm



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ot20004
販売価格
19,800円(税込)
購入数