山本 彪一 油彩画 6号 『街角のレストラン』

昭和の洋画壇の雄 山本 彪一(1912年-1999年)の
油彩画『街角のレストラン』です。

1912年、栃木県に生まれた山本 彪一は、
早稲田大学商学部卒業後、独学で絵の勉強を始めます。
その後、猪熊 弦一郎に師事し、日展、光風会にて活躍。
1968年ヨーロッパ遊学、
1977年フランス・パームコマンドール勲章を受章する等、
国際的にも名声を高めていき、
パリを中心にした欧州の街並みや薔薇の作品を多く制作しました。
長期間のフランス滞在から
その独特の画風は、
フランス絵画と日本絵画の融合とさえ言われています。

本作品『街角のレストラン』は、
色彩の鮮やかさで知られる山本ならではの
色鮮やかで躍動感あふれる筆遣いで
フランスの街並みが描かれています。
塗り重ねられた重厚なマチエール、
建物の美しさ、歴史を感じる街並みが
生き生きと表現されいてます。

向かって右下にサインがございます。


額に若干の擦り傷等がございます。


作品サイズ:6号
額サイズ:縦 約47.2cm 横 約56.3cm 厚さ 約4.2cm


当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。


商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad20005
販売価格
198,000円(税込)
購入数