熊谷守一 水墨淡彩画 『唯我独尊』 鑑定書付属

熊谷守一『唯我独尊』です。
色紙に水墨淡彩。

熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会の
鑑定登録証書が付属しております。

熊谷守一(くまがい もりかず/1880-1997)は
対象物を極めて単純明快化した
「モリカズ様式」とも呼ばれる独自の表現を確立。
日本の近代絵画界の第一人者として知られています。

また作品のみならず、
仙人のような白髭の風貌や無欲で簡素な暮らしぶりなど、
その超俗的な生き様も多くの人々を魅了し続けています。

守一は仏道にも非常に感心を寄せていたと言われ、
仏画も数多く残しています。

本作品『唯我独尊』は
天と地を指し、生まれてくる全ての命の尊厳を謳いあげる釈尊像が
あたたかで力強く、
理屈を必要とせずとも心底を動かす一枚。

実に分かり易く、一見すると作為を感じさせない
大らかで親しみある描写に
画家の無垢な人間性と深い精神世界、
そこに至るまでの軌跡を垣間見ることができます。


経年による色紙のヤケ、シミ、シワがあります。
額にキズ、額裏の緑紙にもキズや汚れ、ヤケが見られます。



- 熊谷守一 略歴 -

1880年 岐阜県に生まれる。
1904年 東京美術学校西洋画科卒業。
1909年 第3回文部省美術展覧会出品。褒状授与。
1915年 第3回二科会展初出品。以降1920年まで毎年出品。
1916年 二科会会員推挙。
1927年 日動画廊にて初個展。
1932年 東京都豊島区長崎町(現千早)に転居。生涯を過ごす。
1947年 二紀会創立に参加。
1961年 画集「熊谷守一(熊谷守一画集刊行会編)」刊行。
1964年 日本各地で個展開催。パリで個展開催。
1967年 文化勲章受賞者に内定するも辞退。
1972年 勲三等叙勲受章者に内定するも辞退。
1976年 岐阜県付知町に熊谷守一記念館開館。
1977年 死去。享年97歳。


作品サイズ:縦約33cm 横約24cm
額サイズ:縦約51.3cm 横約42.3cm



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad20002
販売価格
689,000円(税込)
購入数