アンティーク 単眼顕微鏡 Kalnew No.11442

古い顕微鏡です。
推定1920年代頃
カルニュー光学器械製作所(現・島津デバイス)製。

日本では江戸時代以降、
長らく顕微鏡を西洋から輸入していましたが
明治末期から昭和初期にかけて
数多くの光学機器メーカーが誕生しました。

台座は鋳鉄、鏡筒は真鍮。
ライツ社の顕微鏡をモデルに作られた本品は
無骨なフォルムと経年で古寂びた鈍い輝きが
確かな存在感を携えており、
調度品として雰囲気ある空間作りにお役立て頂けます。

鏡筒部分に
「Kalnew TOKYO No.11442」
の刻印が入っています。


木製ケースの鍵が欠損しています。
経年による傷や金属劣化、
レンズ内のカビや曇り、埃の混入などが見られます。

※本品は未調整・現状渡しとなります。


付属品:
・対物レンズ×2(No.1/No.3)
・接眼レンズ×2(No.3/No.7)
・木製ケース

サイズ:
顕微鏡 高さ約27cm 幅約8.7cm 奥行き約9.5cm
ケース 高さ約10.2cm 幅約30.3cm 奥行き約14.7cm



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ot19034
販売価格
19,800円(税込)
購入数