宮永岳彦 素描 『裸婦』 1960年

洋画家 宮永岳彦作
『裸婦』です。

1960年 紙にペン・墨。
右上に画家のサイン有り。

総合週刊誌 週刊サンケイ(扶桑社) 昭和35年5月9日号 
連載小説『うるさい“妹”たち (五味康祐 著)』
第一回の挿絵として採用された作品です。

現代美人画の名手として知られる
宮永岳彦(みやなが たけひこ/1919-1987)は
グラフィックデザイナーとしても活躍し、
新聞や雑誌の挿絵、書籍の装幀なども数多く手掛けました。

『うるさい“妹”たち』は
高度経済成長期の真っ只、六本木族と称された
奔放な若い男女の生態を
彼等なりの愛と性モラル、葛藤、打算を絡めて
生々しく描き出した青春小説で、後に映画化もされています。

軽妙な筆運びと墨の滲みにより
少女特有のみずみずしさ、恐れを知らない大胆さが
実に的確に表現されており、
画家の確かな力量を感じさせます。

若くしなやかな肉体美、
惑わすように投げかけられたその視線は
見る人の想像力を掻き立て、
ストーリーに対する従属性を超えた一つの絵画として
十分に成立しています。

額の裏側に、当時の掲載ページのコピーを収めた
クリアファイルが貼られています。


作品中央部に紙の折れや少々の汚れが見られます。
付属の箱に破れ等のダメージがあります。


- 宮永岳彦 略歴 -

1919年 静岡県にて出生。
1931年 名古屋市立工芸学校入学。
1936年 松坂屋百貨店 名古屋本店入社。
1942年 第29回二科展初入選。
1943年 第6回新文展入選。
1947年 二科展にて褒賞・同人努力賞。菊華賞等受賞。
1972年 二紀会理事就任。全線絵画大賞受賞。
1974年 日伯文化協会依頼「皇太子・同妃両殿下像」制作。
    ブラジル政府よりグラン・クルース(最高勲章)受賞。
    秦野市功労者表彰受賞。
1978年 第1回東郷青児美術館大賞受賞。
1979年 日本芸術院賞受賞。
1980年 衆議院依頼「第1回国会開会式天皇行幸図」制作。
1986年 二紀会理事長就任。紺綬褒章受章。
1987年 消化管出血により死去。勲三等瑞宝章受章。


サイズ
額:縦約39.7cm 横約47.3cm
内窓:縦約15.8cm 横約22cm



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad19005
販売価格
98,000円(税込)
購入数