山下清 色ペン画 『金魚』 鑑定書付属

山下清作『金魚』です。
色紙にペン。

放浪の画家、山下清(1922-1971)は
気ままに赴く先々の風物を脳裏に焼き付け、
その記憶を元に作品を制作。

障害というハンディキャップを持ちながらも
自由を求め、激動の昭和時代を自然体で生きる姿は
様々なメディアで取り上げられ、
国民的人気画家として今もなお多くの人々に愛されています。

後年は彼の代名詞ともいえる緻密な貼絵のほか
ペン画や油彩、水彩、陶器の絵付けなど表現の幅を広げ
49歳の若さでこの世を去るまで、独自の世界を歩み続けました。

赤、黒、黄の3色のペンを用いた『金魚』は明快かつ繊細。
素朴なタッチとおおらかな画面構成に
画家の素直な眼差しを感じ取ることが出来る作品です。

鋭敏な観察眼と並外れた記憶力、天性の色彩感覚、
そして美に向き合う純粋なひたむきさが見る人の心に響きます。

山下清鑑定会の鑑定書が付属しています。


全体に経年のヤケ、左下部分に4cm程の線状の押し跡が見られます。
額縁にキズやスレがあります。



画寸:縦約27.3cm 横約24.2cm
額寸:縦約45.5cm 横約42.5cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。  
      
型番 ad19001
販売価格
390,000円(税込)
購入数