アンティーク シューホーン シルバーハンドル Crisford & Norris

古いシューホーン(靴べら)です。

1906年 Crisford & Norris社
ハンドルは銀製、ブレード部分はスティール製です。

1896年創業 バーミンガムの老舗シルバースミスである
Crisford & Norris社は
ベビーラトルやコンパクトなど
小物を中心とした銀製品を数多く製造しています。

流れるような曲線装飾のハンドルは
左右対称の美しいフォルムが
重厚でありながらも優美でエレガント。

ブレードの接続はしっかりと丈夫で安定感があり、
使い勝手の良い大きさに加え、時を経て重厚感を増した佇まいで
空間を彩るインテリアとしても存在感を発揮します。

当時のイギリスでは
このようなシューホーンやボタンフックなどの持ち手に
銀を用いることが流行したと言います。

美しい意匠と上質な銀の輝きが
日常の小道具にまで並々ならぬこだわりを持つ
英国貴族の誇りと美学を感じさせる一品。

見る人の目を楽しませつつ
大切な靴を美しく保つことが出来ます。

ハンドルに年代や素材等を示すホールマーク、
ブレードに「ENGLISH MAKE STEEL」の文字が入っています。


経年による傷や擦れ、金属変色等が見られます。



サイズ:全長約22.5cm 幅約3.6cm

Standard Mark:横向きライオン(スターリングシルバー)
Assay Mark: 錨(バーミンガム)
Date letter :g(1906年製造)
Maker's Mark:C&N(Crisford & Norris)

(※摩耗のため判読不能のマークが一箇所あります)

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ot19002
販売価格
19,000円(税込)
購入数