古いオブジェ 鷲の頭部

古いオブジェです。

年代、製造国ともに不明
真鍮に銀張り。
モチーフは生態系の一つの頂点である猛禽類、鷲。

古代より鷲は、その雄々しい姿から
地位や勝利、全知、不死などの象徴として権力者に好まれ、
国家の紋章や貨幣等の意匠に用いられているほか
王権や信仰と結びつき、時には神格化され崇拝の対象となるなど
人類の文明にとって関わりの深い存在です。

本品はずしりと重く、
腐食が進み、渋さを増した金属のテクスチャが
迫力の存在感を備えています。

眼光鋭く前方を見据え、鉤型に曲がった嘴は
捉えた獲物を今にも容赦なく引き裂いてしまうかのように
鈍い輝きを放ちます。

幾重にも重なり合う羽並みも実に見応えがあり、
勇猛な造形と年代特有の貫禄とがそれぞれに相乗して
見る人を威圧し、空間に豪儀さと無二の個性をもたらします。

見目好い机上の友として、所有者の拘りを感じさせる
力強い一品。


銘などは入っておりません。
全体に金属変色や緑青が大変多く見受けられます。
(画像を参照下さい)


サイズ(正面から見た状態):高さ約16.5cm 幅10.5cm 奥行き23cm 

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。




商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18013
販売価格
28,000円(税込)
購入数