奥山泰堂 木彫レリーフ 『座裸婦』

日本の彫刻家 奥山 泰堂(1907-2000)の
木彫レリーフ『座裸婦』です。

彫刻だけの美術公募団体「創型会」の
創始メンバーのひとりとして知られ、
東京都美術館(東京上野)にて毎年開催される創型展に
創立以来 2000年の49回展まで毎年作品を出品する等、
長年 日本の彫刻文化の発展に寄与してきました。

こちらの作品は、
穏やかな微笑みを湛えながら、
片膝を抱え座る裸婦がモチーフとなっております。
ふくよかな体つき、柔らかな肌質等、
高低差をつけた浮き彫りによって見事に表現されています。

画面いっぱいに大きく捉えた大胆な構図は、
非常にインパクトがあり、
「一流一派に偏することなく、
作家の自由な精神を重んじる」という
創型会の理念の如く、
自由と歓喜に満ち溢れた作品です。


ワレ、カケ等はございません。
経年による汚れ、くすみ等がございます。
額にキズ、汚れ、打痕等がございます。


サイズ:額 横 約46.5cm 縦 約37.5cm 厚み 約6.5cm
    作品サイズ 横 約32cm 縦 約22.5cm


当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18011
販売価格
39,000円(税込)
購入数