アンティーク メダイヨン 受胎告知のマリア

古いメダイヨンです。
推定1800年代中期〜後期 フランス。

黒く塗装された木製に湾曲したドームガラス、
内部には硬質の石膏或いは漆喰による
彫刻が収められています。

このような円形及び楕円形の壁面装飾を
メダイヨン(medallion)と呼びます。

カトリックに於ける
ルリケール(Reliquaire/聖遺物)の一種として
各家庭のコアン・ド・デュ(Coin de Dieu/聖品を祀る一角)を彩り、
小型のタイプなどは旅の携行にも用いられました。

本品は新約聖書に記された物語の一つである
受胎告知の場面を題材にしたものと推測されます。

神の思召しにより、やがて救世主となる
イエス・キリストの身籠りを告げられたマリアは
胸の前で両手を重ね、崇敬の念とともに
謹んでそれを受け入れます。

瞼を伏せ、穏やかな微笑みを浮かべた姿は
清浄無垢で慈愛に満ち、
見る人を深い静謐へと導いてゆくようです。

彫像を覆う古ガラスのゆらめきや
木枠の虫食い跡さえも独特の詩情を漂わせており、
高潔さと温もりを併せ持つ造形と
時を重ねたがゆえの趣が
美しく安らぎに満ちた祈りの空間を生み出します。

作家のサイン等は入っておりません。


経年による傷や擦れ、汚れ、
木材の劣化などが多く見受けられます。



サイズ:縦約22cm 横約18.5cm 厚み約6cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18010
販売価格
58,000円(税込)
購入数