アンティーク キリスト像 木彫り

古い木彫りのキリスト像です。
推定1900年代初頭頃 フランス。

顔面が黒く塗られ、鼻と口が削り取られています。
また、両腕が欠損しています。

ヨーロッパの一部地域には黒い聖母子像が存在し、
フィリピンなどでも黒いキリストが信仰されていますが
こちらは制作当時の姿とは考えにくく、
後年、意図的に顔が変えられたものと推測されます。

纏う衣の柔らかさ、
肩まで垂れる美しい巻き毛に繊細な気質を感じさせ、
残された物憂げな眼差しは
特別な感情を潜めているようでもあります。

土着信仰との関連性、
或いは褐色人種となるよう手を加えたものなのか
理由は判然としないものの
キリスト教では本来、黒は死と冥府の色であり
この特異で痛々しく、不完全な造形が
図らずも一種独特の聖性をもたらし、見る人の心を捉えます。

サイン等は入っておりません。


サイズ:縦約22cm 横約6.5cm 奥行き約5.5cm

当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18009
販売価格
38,000円(税込)
購入数