北大路魯山人 こひき(粉引)汲出し碗

幅広い分野において
マルチな才能を発揮した芸術家、
北大路魯山人(1883年−1959年)の
こひき(粉引)汲出し碗です。

篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家等、
その類い稀なる感性と独特の創造性により、
多方面にわたって才能を発揮した北大路魯山人。

とりわけ"食"へのこだわりが大変強かったことで知られ、
稀代の美食家として名を馳せました。
顧問兼料理長を務める会員制高級料亭「星岡茶寮」では、
従来の器に満足せず、
陶房、窯場 「星岡窯」を開き、自ら陶磁器の制作を始めます。

彼の有名な「器は料理の着物」の言葉通り、
料理と器の調和を求めた独特な魅力溢れる陶磁器を
数多く生み出しました。

こちらは、
こひき(粉引)の汲出し碗 6客揃です。

粉引独特の柔らかで温かみのある白さ、
白い化粧土の下からのぞく土の色等、
大変味わい深い 趣のあるお品です。
白化粧を基調としながらも
器それぞれに多彩な表情をみせる
粉引の魅力が存分に楽しめます。


魯山人の「ロ」銘がございます。
共箱が付属しております。


キズ等はございません。
箱にシミ、汚れ等がございます。


サイズ:箱 縦 約11cm 横 約36cm 奥行き 約24.5cm
    汲出し碗 高さ 約6.5cm 口径 約10.5cm



当店ブログにて他の画像をご覧いただけます。



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18006
販売価格
480,000円(税込)
購入数