Gunnar Uotila レリーフ彫刻『FINNISH BATH』

フィンランドの彫刻家
Gunnar Uotila 
グンナル・ウオティラ作『FINNISH BATH』です。
1935年 木製。

Gunnar Uotila (1913-1997) は
1940年代頃から個展を多数開催し、
ヨーロッパ各国の展覧会にも出品するなど精力的に活動しており
1984年にはフィンランド彫刻家協会の名誉会員に推挙。

パブリック・アートも数多く手掛けており、
彼の作品はアテネウム美術館をはじめ
各地の博物館や広場、教会などで見ることが出来ます。

本作品で描かれているのは
フィンランド文化の象徴ともいえるサウナ(Sauna)の情景。

フィンランドの人々にとってサウナは
単なる社交場のみならず
古くは出産や弔いの儀式を行う神聖な空間であり、
人生において必要不可欠なものと位置付けられています。

深く掘り下げた高浮き彫りが
向かい合う2人の婦人の肉体の量感、実在感を際立たせ、
奥行きを持たせた巧みな構図によって
鑑賞者は壁越しに覗き見ているかのような感覚を覚えます。

おおらかで大胆な描写は
古代より脈々と培われてきた土着の文化や価値観を
情緒豊かに物語っており、
民俗芸術としての視点からも興味を惹く作品です。

右下に作家のサインが入っています。
裏面上部に作家名、題名を記したシールが貼られています。


経年による傷や汚れ、木材の割れ、欠けなどがあります。



サイズ:縦約47cm 横約36cm 厚さ約4cm



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad18004
販売価格
69,000円(税込)
購入数