ドイツ製 口笛吹き人形 「時計売り」

ドイツ製 木彫りの口笛吹き人形
「時計売り」です。

17世紀中頃、
ドイツ南西部のシュバルツヴァルト(黒い森)地方に住む農民達の間で、
農業のできない冬の副業として、家内工業的な時計産業が現れました。
やがて、これらの時計は、
「時計売り」と呼ばれる行商人によってヨーロッパ中に販売されました。
「時計売り」の人々は黒い森地方から、伝統的な民族衣装を身にまとい、
沢山の時計を背中に担ぎ、ヨーロッパ中を売り歩きました。

こちらは、「時計売り」と呼ばれる行商人をモデルにした
口笛吹き人形です。

口笛吹き人形(ホイッスラー)とは、
ヨーロッパの大道芸の一つ、口笛吹きを再現した
機械仕掛けの人形です。
ゼンマイを巻いて背中のレバーを動かすと
フイゴが作用し、空気が笛に送られ、
音を出し、口笛を吹く仕組みになっています。
本来ならば、首を左右に振りながら口笛を吹くのですが、
残念ながら、口笛も鳴らず、動作もしません。

時計売りの男性の表情や衣服、
時計を担ぎ売り歩く様が
手作業によって丁寧に表現され、
木の持つ素朴な温もりを生かした味のあるお品です。

沢山の時計を背中に担ぎ、
口笛を吹きながら、
ヨーロッパの様々な街へ行商に赴いた
「時計売り」の当時の様子が伝わってくるようです。

お部屋のインテリアとしても存在感抜群です。
オブジェとしていかがでしょうか。

内部に「MADE IN GERMANY」と刻印がございます。


キズ、汚れ、打痕等がございます。
口笛も鳴らず、動作もしません。
オブジェとしてお考え頂ければと思います。


サイズ:H 約34僉W 約14僉D 約12



商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 ad17019
購入数
売り切れ