ヴィンテージ シルバーペンダント 三葉虫

古いペンダント兼ブローチです。
推定1960年代 アメリカ。

古生代カンブリア紀、
小型の三葉虫の一種であるエルラシアキンギの化石標本が
そのまま用いられています。

小さいながらも特徴的な体節がくっきりと浮かび上がり、
ジュエリーとしては勿論
コレクションの一品としてもお薦めです。

フレームはシルバー製、
うねり曲がるフォルムと奇妙な突起が
多眼のオパビニアなどを想起させ、
遥か5億年数千万年前の生物たちが繰り広げる
進化の神秘性を強調しています。

プリミティブな造形とシルバーの重厚な輝きにより
黒色標本の存在感がひときわ際立ち、
装いに斬新な個性をもたらします。

ペンダント裏側に「925」「16. 7」、
チェーン留め具部分に「SILVER 925」の刻印があります。


経年による傷や擦れ、シルバーの変色が多く見られます。


サイズ:縦約6cm 横約2.9cm チェーン長さ約50cm




商品の状態等ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
また、こちらの商品を店舗にてご覧になりたい方は商品管理の都合上、
店頭にない場合がございますので、お電話かメールにてご連絡の上、ご来店下さい。
なお、東京港区の姉妹店でもご覧になることができます。
こちらもご希望の方はご連絡下さい。
      
型番 jm17002
販売価格
10,000円(税込)
購入数